バイクブレーキのエア抜きを放置するだけで簡単に行う方法

バイク
スポンサーリンク

こんにちは、れいです。

以前、バイクのブレーキフルードを交換する方法を解説した際、エアーが入らない方法をご紹介しました。

しかしそれでもブレーキがあまくなってしまうこともありますよね。

そこで今回は

  • エア抜きを簡単に行う方法は?
  • また1からブレーキフルードを交換したくない!

という方に向けて、僕が使っている簡単なエア抜きの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

バイクのエア抜きに必要なもの

といっても必要なものはたった一つ。

輪ゴムですね。もしかしたらわざわざ購入しなくても「おうちにある!」という方は多いのではないでしょうか?

今回はこのの輪ゴムだけで、多少のエア抜きは簡単にできちゃいます。

バイクのエア抜き方法

方法もいたってシンプルです。

ブレーキを握った状態にします。

後は輪ゴムでその状態をキープして、1番置いておくだけです。

この方法を行うだけで、翌日にはしっかりブレーキが固くなっています。

僕もお店の人から聞いてやってるけど、かなり効果があるよ!

まとめ:バイクブレーキのエア抜きを放置するだけで簡単に行う方法

嘘みたいに簡単な方法ですが、本当に効果があります。

ただしこの方法は少しエアーが入ってしまったときの対処法ですので、がっつりエアーが入って場合は潔く交換することをお勧めします(笑)

道具も輪ゴム一つでできますので、騙されたと思って試してみてください。

それではお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました