【超簡単】バイクのオイル交換を自分でする方法!

バイク
スポンサーリンク

こんにちは、れいです。

バイクのメンテナンスの中でも最も重要な項目の一つが オイル交換フィルター交換 ですね。

お店に任せるのも1つですが、自分の愛車ですし自分で整備できた方が安上がりに済みます。

  • バイクのオイル・フィルター交換ってどうやるの??
  • オイル・フィルター交換に必要なものって何?
  • 交換にかかる費用はいくら??

といったことについて初心者の方でもわかるように、Ninja250Rを例に詳しく説明していきます。

オイル交換の方法はどのバイクもそれほど変わらないよ!とっても簡単だから安心してね!

スポンサーリンク

バイクのオイル交換に必要な道具

バイクのオイル交換に必要な道具はこんな感じになります。

①オイル処理ボックス

オイルを交換したときに出る古いオイルを処理するための箱です。

バイク用品店よりもホームセンターのほうが安く手に入るかもしれません。

その辺に流して捨ててしまわないよう気をつけましょう!

②エンジンオイル

オイル交換に欠かせないエンジンオイルです。

それぞれバイクに合ったエンジンオイルがありますので、バイクの製造会社や取扱説明書を確認してみてください。

ちなみに僕のNinja250Rには「Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2 SL 10W-40 4サイクル用」を使用しました。

少し多めに購入しておくと「足りなくて困る!」ということがなくて済むよ!

③ドレンワッシャー

小さいけれどすごく重要なパーツです。

ドレンワッシャーは占めるときに噛ませることで、オイル漏れを防いでくれます。

使うことで潰れたり、傷ついたりしますのでオイル交換ごとに必ず交換してください。

またこちらもバイクごとに大きさがありますので、必ず大きさを確認してから購入しましょう。(ちなみにNinja250RはM12です)

④オイルジョッキ

エンジンオイルを注ぐために使うジョッキです。

僕は1L用のものを使用しています。中でも100~250ml単位っでメモリがついているものがいいと思います。

⑤オイルフィルター(オイルエレメント)

オイルフィルター(エレメント)はエンジンオイルを数回交換するごとに、一緒に交換しましょう。

バイクごとにオイルフィルターの大きさは変わってきますので、必ず確認してから購入してください。

またオイルフィルターを取り外すためのが「フィルターレンチ」あるとめちゃくちゃ便利ですが、最悪なくてもできます。

僕は使わずに交換したけど、固すぎて苦戦したからなるべくあったほうがイイかも(´;ω;`)

⑥工具セット

オイル交換時にドレンボルト、先ほどのオイルフィルターを外すのに使います。

今回は最低限大きさに合ったレンチがあれば間に合います。

あまり高いものを購入しても仕方ないですが、高いものだと「あの工具がない!」ということがなくなるのがメリットです。

様々なものがありますので、ご自分に合ったものを探してみてください。

⑦パーツクリーナー

使用するパーツを洗浄するためのスプレーです。

これはバイク乗りの方であれば、皆さんもよくお世話になっているかと思います。

おそらくパーツクリーナーもホームセンターで購入したほうが安上がりかと思います。

その他(あると便利なもの)

ゴム手袋があると作業後に手がオイルまみれにならずに済みます。

軍手だとオイルが貫通してくるのでおすすめはゴム手袋のほうです。(洗えばいいんだけどね(笑))

あとはウエスもあると便利です。

ウエスには紙製のものと布製のものがありますが、吸収性の良さを考えて僕は布製のものを使用しています。

バイクのオイル交換にかかる費用

今回工具以外にかかった道具をすべて新調するとこれぐらいでした。

道具交換費用(フィルターあり値)
オイル処理ボックス300円
エンジンオイル/2本2400円
ドレンワッシャー100円
オイルジョッキ300円
オイルフィルター0円(1000円)
パーツクリーナー500円
ゴム手袋200円
ウエス400円
合計4200円(5200円)

やはり初回交換時はやや高くなってしまいますね。

しかし次回以降の値段としては

道具交換費用(フィルターあり値)
オイル処理ボックス300円
エンジンオイル/2本2400円
ドレンワッシャー100円
オイルフィルター0円(1000円)
合計2800円(3800円)

といった感じで、かなり安い値段で済みます。

某有名バイク用品店では1回のオイル交換で約5000円、オイルフィルター交換も込みで約7000円ほどかかります。

これを考慮すると自分で交換したほうが良いのは明らかでしょう。

オイルの交換方法・手順

1.エンジンを暖気する

エンジンを暖気することで、オイル自体が緩くなり排出しやすくなります。

(排出しやすくなるだけであって、温めなくてもオイル交換はできます。)

注意点として、温めすぎるとやけどする恐れがありますので長くても5分以内に留めましょう。

2.古いエンジンオイルを抜く

Ninja250Rを下からのぞき込むと斜め横向きにドレンボルト(赤丸で囲んだ箇所)がついています。

まずはオイル処理ボックスを下に配置します。

ある程度ドレンボルトを緩めていくと、いきなり飛び出してくることがありますので、オイル処理ボックスは排出口を覆うように置いてください。

配置できたらとはゆっくりとボルトを緩めていくと、簡単に排出できます。

オイル処理ボックスはまだ使うからそのままにしておいてね!

3.オイルフィルターを交換する

次にオイルフィルターを交換します。

フィルターレンチがある場合は周りの円形部分ごとまわして外しますが、今回はフィルターレンチがないので青丸で囲まれたボルトをひねって外します。

この時まだ残っているエンジンオイルも排出されるので、オイル処理ボックスは残しておいてください。

オイルフィルターを外すと外側(下側)からこのような順番になっています。

本当であれば赤丸のところにワッシャーがあるはずなのですが、前の持ち主さんが失くしてしまったようなので、皆さんはお気を付けてくださいね。

取り外したパーツは使うものだけパーツクリーナーでお掃除しておきましょう。

後はオイルフィルターとパッキンを交換して、もとの順序で取り付けるだけです!

4.ドレンボルトを締める

オイルフィルターを交換し終えたら、ドレンボルトも再び取り付けましょう。

このときにドレンワッシャーを交換するのを忘れないよう注意してくださいね。

5.新品のエンジンオイルを入れる

今回Ninja250Rに使用したエンジンオイルはこちらですね。

バイクにはそれぞれ規定のエンジンオイル量がありますので、その分のオイルを入れていきます。

Ninja250Rの場合は約1.6Lですので、このジョッキで言うと1杯と半分くらいになります。

エンジンオイルは必ず窓を見ながら少しずつ投入しましょう。一気に入れすぎてしまうとまたオイルを抜かなければならなくなります。

だいたい真ん中まで来たら、ここで1度エンジンをかけてエンジンオイルを循環させます。

エンジンオイルがいきわたるように、1~2分くらいアイドリングしよう!

その後窓から見えるオイル量が減りますので、再度真ん中までつぎ足します。

これを繰り返して、窓のオイル量が安定したらOKです!

試しに走行させてみてオイル漏れがないかチェックし、無事であれば作業は完了です。

まとめ:バイクのオイル交換を自分でする方法

エンジンオイルの交換はバイクメンテナンスの中でも特に重要な項目です。

慣れないうちは大変ですが、熟練になると20分から30分で作業できるようになります。

あなたの大切な愛車のためにも、是非ご自分の手でお手入れしてあげてくださいね。

それではお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました